関連リンク

お問い合わせ先MIZ-21Cパンフレット

先進のハンドヘルド型渦電流探傷試験

表面アレイ機能を備えた最も進んだハンドヘルド探傷装置 MIZ-21C が登場。手頃な価格の MIZ-21C は、航空宇宙、石油ガス、製造、電力分野に適しています。 人間工学に基づいた設計、長いバッテリ持続時間、直感的なタッチスクリーンにより、疲労を感じることなく、これまで以上に多くの領域を迅速に検査できます。

MIZ-21C は、完全密閉ユニット、動作温度範囲の拡大、最大 10 時間のバッテリ持続時間、内部ストレージ容量の増加などの新機能により、検査効率と価値を最大限に高めます。

さまざまな用途に対応できる設計

MIZ-21C は、次のような多数の検査用途に対して利点を提供します。

ファスナーホール亀裂の検出。

ペンシルプローブは、ファスナーホールの近くにある小さな亀裂を検出するためのオプションです。検査員は、既知の亀裂または標準ノッチを使用して、MIZ-21C 信号表示を調整します。 次に、試験片のスキャン中に、生成された渦電流信号の位相と振幅を標準の信号と比較することで、表面亀裂の深さと長さを推定できます。

高速でシンプルなオプションとして、MIZ-21C 装置と Surf-X アレイプローブの表面アレイ検査機能を使用できます。 このアプローチでは、従来の方法よりも短時間で検査を簡素化して完了できます。

多層間腐食検査

腐食の特定は、航空機体検査の最も重要で複雑な検査の 1 つです。通常、外板の厚さの変化や多層構造の変化により、信号の認識が困難になります。MIZ-21C には厚い部分を貫通する力があります。優れた信号対雑音比により、検査員はわずかな素材の欠損でも区別することができます。デュアル周波数とミキシングにより、対象の信号を「マスク」できるレイヤー間の空気ギャップの変化によって生じる不要な信号をほぼ排除します。

多層表面下の亀裂検出。

MIZ-21Cハンドヘルド装置とSurf-Xアレイプローブを備えた渦電流アレイソリューションを適用することは、この重要な航空宇宙アプリケーションに理想的です。

導電率およびコーティングの厚さの測定

材料の特性評価/並べ替えに、デジタル導電率測定(抵抗率)を使用します。幅広い動作周波数範囲を持つ専用の導電率プローブを使用して、アルミニウム構造などの金属および合金の導電率を直接測定します。 または、塗料などの非導電性コーティングを測定します。 MIZ-21C は、導電率と厚さの両方で幅広い測定範囲を提供します。

お客様のニーズとご予算に合った 3 つのモデル

  • MIZ-21C-SF:単一周波数、導電率
  • MIZ-21C:デュアル周波数、導電率、回転スキャナ
  • MIZ-21C アレイ: デュアル周波数、導電率、回転スキャナ、
  • 渦電 流アレイ(ECA): 高度にポータブルな渦流または渦流アレイ機能を必要とする検査用途には、MIZ-21C が唯一の選択肢です。

高度にポータブルな渦流または渦流アレイ機能を必要とする検査用途には、MIZ-21C が唯一の選択肢です。

コスト効果が高く、ポータブル性に優れた表面アレイ検査

Zetec Surf-X アレイプローブとともに MIZ-21C を使用すると、市場で最もコスト効率の高いポータブル型表面アレイソリューションとなります。このソリューションは、浸透探傷試験(PT)および磁粉探傷試験(MT)に比べて、優れた検査効率を発揮します。